新築木デッキのDIY塗装~木造住宅の現場

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

新築木デッキのDIY塗装~木造住宅の現場

現場リポート,ブログ,能ヶ谷の家

2020/09/30 新築木デッキのDIY塗装~木造住宅の現場

家づくりにおいて、どこか住まい手がDIYできる部分があると楽しく、よい思い出にもなりますし、住み始めてからのお家への愛着もより増すものです。

そしてお財布にもやさしい・・。

 

新井アトリエが設計監理に携わる住宅では、内部建具や造作家具全般を既製品でなく木製で製作するケースが多く、木部塗装が必要となる部位は多くなるのですが、これらの大部分を住まい手によるDIY塗装にすることで、数十万円規模のコストセーブにもなります。

現在建設中の能ヶ谷の家でも、内部は木部全てと、外部は木デッキをDIY塗装としています。

(外部では外壁や軒天にも木部がありますが、高所作業はプロに任せたほうが安全のため、DIY対象から除いています。)

 

この日は工務店の工場(こうば)をお借りして木デッキ材料の塗装を行いました。

 

今回木デッキは施工前の材料時点で塗装を行う方針としました。

施工後では表側しか塗装できませんが、

施工前の材料時点でしたら裏側や側面も含め、ぐるっと全面を塗装することができます。

外部は雨や紫外線のあたる過酷な環境ですから、

ぐるっと全面を塗装しておいたほうが後々の耐久性がよくなるはずです。

 

木デッキ材はレッドシダー。

表面はすでにある程度平滑になっていますが、住まい手さんが「せっかく電動サンダーを買ったので・・」と♯240の紙やすりで入念にペーパーがけを行いました。

ペーパーがけした後、木材表面を触ってみると、より平滑でなめらかな仕上がりになっていました。これは手をかけた価値あり・・です。

 

今日は住まい手さんご夫妻と息子さん、そしてお友達の父子ペアも参加されての作業です。

大勢でどんどん作業がはかどります。

 

ペーパーがけの次は、いよいよ塗装です。コテバケでどんどん塗っていきます。

 

工場(こうば)にはウマ(作業台)があり、2脚のウマに木デッキ材を載せて塗装できるので、効率的です。

初め、デッキ材のこぐち1面に塗装して、次にその面を下にしてデッキ材を立てるかたちで残り3面を塗ります。

そうすると、表面にはウマの跡が残らずきれいに仕上がります。

こぐちの1面だけはウマの跡が少々残りますが、この部分は目立たないので問題ありません。

(この日、様子を見に来ていたただいた富士ソーラーハウスの阿部監督にアドバイスいただきました。ありがとうございました。)

 

みなさんチームワークも良く、この日は2時間もたたずに作業終了。これでしばらく乾燥させておき、後日2度目の塗装を行なって塗装完成となります。

 

作業終了後のおやつタイムには、住まい手さんご持参のお手製バナナケーキと暖かいコーヒーをいただき、ホッと一息。美味しくいただきました・・。

 

 

 

★★お知らせ★★

本ブログにてご紹介しました「能ヶ谷の家」の完成見学会を2020年11月14日~15日に開催します。

詳細とお申込みについては下記ページをご覧下さい。

能ヶ谷の家 完成見学会のお知らせ

 

 

 

新井崇文
新井アトリエ一級建築士事務所
電話番号 090-1839-8213
住所 〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
営業時間 09:00~18:00
定休日 不定休

TOP