板張り手すりのバルコニー~木造住宅の現場

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

板張り手すりのバルコニー~木造住宅の現場

現場リポート,ブログ,能ヶ谷の家

2020/11/01 板張り手すりのバルコニー~木造住宅の現場

能ヶ谷の家、現場です。

 

仕上工事が進み、外部足場がとれて、外観の全貌が見えるようになりました。

 

外壁仕上全般はダークブルー色のガルバリウム鋼板・小波板張り。

それに対し、南側のバルコニー手すりや周囲の軒天・袖壁の仕上は板張りとしています。

「金属のシャープさ・クールさ」と「木の柔らかさ・あたたかさ」の対比がいい感じに仕上がりました。

 

南側全域に渡るバルコニーは、幅8.1m、奥行1.2mの広々とした空間です。

設計打合せで住まい手奥さまから「子供たちが野球とサッカーをやっていて、毎日大量の洗濯物を干していて・・」とお話を伺い、

広々と楽にたくさんの洗濯物を干せるバルコニーを計画しました。

 

以前のお住まいよりも、バルコニーの幅は倍以上になっていますので、楽にストレスなく干せるのではないかと思います。

加えて、このお家は丘の上に建っていて、南東側に眺めがいい。

その南東部にも大きく開けたこのバルコニーなら、晴れた日には丘の向こうの青い空や緑の森を見渡しながら洗濯物が干せるはず・・。

気持ち良く家事ができる家になるといいなあ、と思い設計しました。

 

バルコニーの軒天と袖壁はスギ板張りに塗装仕上げ。

木質感があって、落ち着いた雰囲気になりました。

 

手すりはヒノキ無垢板の板張りに塗装仕上げをしています。

子供室からは窓ガラス越しに板張りの手すりが見えて、温かみのある風合いが感じられます。

 

板張りの手すりは、道路側から室内が丸見えにならないような、目隠しの役割もあります。

板張りは隙間を少々とっていますので、適度に光や風は通るようになっています。

 

手すりの支柱もヒノキ製ですが、外壁から支柱を支えるブラケットは溶融亜鉛メッキ仕上げのスチール製として、さらに耐久性に配慮しています。

(下の写真は支柱設置前の状況。グレー色のL型金物が支柱を支えるブラケットです)

 

バルコニーに面するタタミルーム(寝室)には、障子が入りました。

このあと床に畳が入れば、子供室とはまた異なる雰囲気の、しっとりと落ち着いた空間に仕上がりそうです。

 

バルコニーの他に、このお家ではもう1つ、眺望の良い方向があります。

バルコニーとは反対側の北側方向です。

北側には生産緑地があり、高さ20m程度の大樹が望めます。

手前には隣家がありますので、視線が合わないよう、

上方だけ見えるような位置に注意深く窓を設けました。

 

1階のリビングダイニングから北側を見ると、スタディ本棚上の横長の窓ごしに緑が見えます。

 

また、階段を上がっていくと・・

 

2か所の窓から次々と北側の空と緑が見えてきます。

 

設計時に入念にシュミレーションして決めた窓高さでしたが、いい感じに出来上がりました。

 

 

 

★★お知らせ★★

本ブログにてご紹介しました「能ヶ谷の家」の完成見学会を2020年11月14日~15日に開催します。

詳細とお申込みについては下記ページをご覧下さい。

能ヶ谷の家 完成見学会のお知らせ

 

 

新井崇文
新井アトリエ一級建築士事務所
電話番号 090-1839-8213
住所 〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
営業時間 09:00~18:00
定休日 不定休

TOP