左官仕上の玄関ホール~自然素材の家

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

左官仕上の玄関ホール~自然素材の家

現場リポート,川名の家,ブログ

2020/05/22 左官仕上の玄関ホール~自然素材の家

川名の家の現場です。

5月末の建物完成に向けて急ピッチで現場は進められています。

大工工事が終わり、各部の仕上工事が進められてきました。

 

このお家では、玄関に入ると、そこは東の窓から光が入るホールになっています。
先端が少し曲面になった壁の向こうはトイレ。その右側は東からの光が入る手洗いカウンターのコーナーになっています。

やや広めにとられている玄関ホールは動線の起点となっていて、

左の扉へ進むとレッスンに生徒さんもくるピアノルーム、
右の扉へ進むとリビング・ダイニングのある家族空間、というように、
パブリックとプライベートの結節点になっています。

 

そんな玄関ホールの壁・天井仕上は左官仕上。
漆喰に珪藻土等もブレンドされた「Waki waki Wall」という自然素材による左官仕上です。
左官仕上とは、材料を練って、コテで塗っていく仕上方法。
左官屋さんの手仕事の跡が形となって残る、味わいのある仕上方法です。

そして自然素材を使っているので調湿機能もあり、体に優しい仕上です。

 

手作業による仕上のため、模様は自由自在。
平滑に仕上げるのは「金ゴテ仕上」。

寺社や城郭など古建築ではよく見られる仕上ですが、
平滑に仕上げるにはそれなりの回数をかけて塗る必要があり、手間がかかります。
逆に、コテの動きを模様として残すのは「ラフ仕上」。
ラフ仕上は左官職人さんの手仕事の跡が感じられる、温かみのある風合いとなります。
金ゴテ仕上ほど手間はかからないというコスト的メリットもあり、新井アトリエでは通常このラフ仕上を採用しています。

また、なんといってもラフ仕上は左官職人さんの手作業の跡が感じられて、その風合いがとても気に入っています。

 

左官仕上の玄関ホール・・・このお家における印象的なワンシーンとなりそうです。

 

 

新井崇文

新井アトリエ一級建築士事務所
電話番号 090-1839-8213
住所 〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
営業時間 09:00~18:00
定休日 不定休

TOP