キッチンの広さを決める要素とは?

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

キッチンの広さを決める要素とは?

コラム

2022/07/08 キッチンの広さを決める要素とは?

新しく家を建てる場合、キッチンをどのくらいの広さにするかは重要なポイントですよね。
具体的に、何に注意すれば良いのでしょうか。
今回は、キッチンの広さを決める要素について解説いたします。

キッチンの広さを決める要素

キッチンの種類

キッチンにはいくつかの種類があり、それぞれで大きさが異なります。
そのため、どのようなキッチンを希望するかによって広さも変わってくるでしょう。

広さを畳に換算した場合、一般的な目安は4.5畳とされています。
ただし畳によって大きさが異なるためイメージと違う仕上がりになることがあります。
4.5畳の広さに合うキッチンを選んだつもりが「設置したら想像していたよりも狭くなってしまった」ということも。
あくまでも目安として考えておくといいですね。

キッチン以外のスペースとのバランス

近年「キッチンはキッチン・ダイニングはダイニング」といった具合に、大きな空間として設計する家が増えています。
ダイニングキッチンのように、キッチンとダイニングを一緒にする場合は、他のスペースとのバランスが重要です。
ダイニングとキッチンを一つにしたダイニングキッチンの広さの目安は、8~12畳とされています。

リビングダイニングキッチンの場合、キッチンのスペースを4.5畳で考えるといいでしょう。
16畳のリビングダイニングキッチンとすると、キッチンの4.5畳を差し引いたリビングダイニングの広さは11.5畳です。
キッチンのスペースを広く取りたいなら、6畳程度が良いでしょう。
リビングダイニングのスペースも10畳はありますので、どちらも快適に過ごせるのではないでしょうか。

まとめ

キッチンの広さを決める要素として、「キッチンの種類」と「キッチン以外のスペースとのバランス」が挙げられます。
どのようなキッチンを作りたいかによって、キッチンの広さを検討してみてはいかがでしょうか。
当事務所では、一級建築士が理想の家作りをお手伝いいたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

TOP