デザイン住宅と注文住宅の違いとは?

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

デザイン住宅と注文住宅の違いとは?

コラム

2022/08/05 デザイン住宅と注文住宅の違いとは?

「注文して建ててもらう住宅」という意味では、デザイン住宅と注文住宅は同じように思えますよね。
実際のところ、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、デザイン住宅と注文住宅の違いについて見ていきましょう。

デザイン住宅と注文住宅の違い

デザイン住宅とは

デザイン住宅は「デザイナーズ住宅」とも呼ばれ、建物の至るところに高いデザイン性を施した住宅のことです。
オリジナル性に富み、凝った内装に仕上がっています。
施主の好みや要望を設計の時点でふんだんに取り込んでいるため、非常に個性のある家が出来上がるのが特徴です。

注文住宅とは

注文住宅とは、間取りをはじめ壁紙やフローリング材などの建築資材をチョイスして作り上げた住宅のことです。
デザイン住宅でも建築資材にはこだわりますが、注文住宅の場合はデザイン住宅ほどの強いこだわりは持っていません。
フロアは平たんにするなど、一般的な住宅の内装に仕上がっていることがほとんどです。

デザイン住宅と注文住宅の大きな違いは?

優れたデザイン性を持つデザイン住宅と、オリジナリティと暮らしやすさのバランスをとった注文住宅の違いを一言で表すとしたら「こだわり」です。
デザイン住宅に多いフロアに段差を設けたステップフロアには、デザインへのこだわりが詰まっています。
それに比べて注文住宅は、オリジナリティにこだわりながら暮らしやすさも追求した住宅です。
どれほどこだわるかによって、デザイン住宅と注文住宅に分かれると言えるでしょう。

まとめ

デザイン住宅と注文住宅について、それぞれの住宅の特徴を踏まえながら違いを見てきました。
どちらの住宅に仕上がるかは、こだわりが最大の要素ですね。
当事務所では、一級建築士が理想の家を建てるためのお手伝いをいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

TOP