「リフォーム」と「リノベーション」はどう違うの?

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

「リフォーム」と「リノベーション」はどう違うの?

コラム

2022/09/08 「リフォーム」と「リノベーション」はどう違うの?

建物の改装や修繕を表す言葉には、「リフォーム」と「リノベーション」の2種類があります。
両者の違いは一体何なのでしょうか。
今回はリフォームとリノベーションの違いについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションは、それぞれ以下のように定義されています。

・リフォーム…老朽化した場所や設備を修繕すること
・リノベーション…既存の施設に新しい価値や機能を加えること

例えば、水回り設備の修繕や床の張り替えなどは「リフォーム」です。
一方で部屋の仕切りを取って間取りを変えたり、キッチンの場所を変えるなどの施工は「リノベーション」と呼びます。

「リノベーション」は必要?

住宅を長く使っているとどうしても設備が老朽化しますから、「リフォーム」は多くの方にとって必須と言えます。
しかし大規模な改修を行う「リノベーション」は、必ずしも必要とは言えません。
経験せずにずっと過ごす方も多いでしょう。

しかしリノベーションを行うと、まるで別の住居のように室内の雰囲気を一新できます。
間取りや生活導線に不満のある方は住み替えの前にリノベーションを試してみてはいかがでしょうか。
新築を購入するよりも低いコストで、新しい生活空間が手に入りますよ。

まとめ

「リフォーム」は、既存の設備の修繕を意味します。
一方で「リノベーション」は新しい価値や機能を加えることを意味します。
リノベーションをすると単なる修繕にとどまらず、まるで新しい住居を手に入れるかのように空間を刷新できるでしょう。

もし現在の住居に不満があり住み替えを検討している場合は、まずリノベーションの可能性を模索してみてください。
新井アトリエ一級建築士事務所でもより快適な住まいを作るための施工プランをご提案しています。
快適な住まいを作ると日々の生活がより楽しくなります。
ぜひ自由な発想でリフォームやリノベーションについて考えてみてくださいね。

TOP