木造住宅の構造検査~耐力壁・筋交い・火打ち材・接合部金物など

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

木造住宅の構造検査~耐力壁・筋交い・火打ち材・接合部金物など

ブログ,現場リポート,能ヶ谷の家

2020/07/15 木造住宅の構造検査~耐力壁・筋交い・火打ち材・接合部金物など

能ヶ谷の家、現場です。構造体と外回りの施工が進められています。

 

上棟式の時、1階床はまだ仮敷きでしたが、その後、床下の配管が施工され、床の構造用合板も取り付けられました。

 

 

2階では間仕切り壁の下地材や、天井の下地材(角材)が組まれています。

 

 

バルコニー上部の軒天も下地が組まれています。

 

台形にカットした合板補強で垂木と天井下地とをつなぎ合わせ、屋根のたわみを抑える配慮もしていただいています。

 

屋根部分は、構造用合板、遮音下地材の上に防水紙(アスファルトルーフィング)が敷かれ、ガルバリウム鋼板瓦棒葺きのための下地角材が取り付けられています。

 

この日、構造設計者の東條さんと共に、構造検査を行いました。

 

耐力壁や筋交いの配置を確認していきます。(耐力壁の一部はまだ今後施工の箇所もあります)

 

柱と土台や梁との接合部の金物が設計図通りの仕様になっているか、各部チェックをしていきます。

 

小屋裏の火打ち材(梁どうしの剛性を確保するための斜め材)の配置を確認していきます。

 

 

火打ち材は基本的に木製ですが、スペースが狭い部分は金属製を採用しています。

 

このように、耐力壁・筋交い・火打ち・接合部金物などを一通り確認し、構造検査は無事終了。施工状況は非常に良好でした。

富士ソーラーハウスの阿部監督や現場の大工さんの丁寧な仕事ぶりにも感謝です。

 

 

 

★★お知らせ★★

本ブログにてご紹介しました「能ヶ谷の家」の完成見学会を2020年11月14日~15日に開催します。

詳細とお申込みについては下記ページをご覧下さい。

能ヶ谷の家 完成見学会のお知らせ

 

 

 

新井崇文
新井アトリエ一級建築士事務所
電話番号 090-1839-8213
住所 〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
営業時間 09:00~18:00
定休日 不定休

TOP