クローゼットの種類とは?

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

クローゼットの種類とは?

コラム

2022/07/14 クローゼットの種類とは?

家の中にクローゼットがあると、整理整頓がしやすいと言われていますよね。
では、どのようなクローゼットがあると便利なのでしょうか。
今回は、クローゼットの種類について解説いたします。

クローゼットの種類

壁面クローゼット

壁際に作り付けるクローゼットで、奥行きが浅いことから狭いスペースにも設置が可能です。
一般的にはハンガーを掛けるレールを取り付け、洋服のクローゼットとして用います。
ハンガーの上部には収納棚を作り、大きなものやかさばるものを置けるのがポイントです。

ウォークインクローゼット

「ウォークイン」の名の通り、中に入って行けるタイプのクローゼットです。
入って歩けるだけの広さがあることから、壁面クローゼットに比べてより多くの品物を収納できます。
収納したい持ち物が多い場合に、最適なクローゼットと言えるでしょう。

ウォークスルークローゼット

「ウォークスルー」とは「歩いて通り抜ける」という意味で、出入り口が2カ所あるのが特徴です。
ウォークスルークローゼットを設置する一番のメリットは、クローゼットの中を通り抜けながら衣類を整えられるところです。
入口から入ってトップスとボトムを着用し、さらに先へ進んでアウターを着て出口へ向かいます。
一般的には寝室に作られることが多いものの、洗面室に隣接させたり、2階から1階に降りる廊下に作るといった方法もあります。

まとめ

クローゼットの種類として「壁面クローゼット」「ウォークインクローゼット」、そして「ウォークスルークローゼット」の特徴を見てきました。
クローゼットを設置するには、スペースの確保が大前提です。
当事務所では、お客様のご要望を伺いながらベストなクローゼットを提案いたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

TOP