サッシの色を決める時のポイントとは?

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

サッシの色を決める時のポイントとは?

コラム

2022/07/17 サッシの色を決める時のポイントとは?

住宅を建てるにあたっては、サッシの色も重要なポイントです。
サッシの色によって、見た目の印象が大きく変わってくるでしょう。
そこで今回は、サッシの色を決める時のポイントについて解説いたします。

サッシの色を決める時のポイント

サッシの色を決める時は、建物の内側と外側の両方で検討することが重要です。

外側のサッシの色

建物の外側のサッシの色を決めるにあたって、基本となるのが外壁の色です。
一般的には、外壁に近い色を選びます。
その理由は、サッシの枠を目立たなくさせるためです。

外壁が白であればサッシも白を、黒い外壁には黒いサッシを選びます。
こうすることによって、サッシの部分だけが目立つことを避けられます。
特に大きな窓や複数の窓を作る場合は、サッシの色を主張させないのがポイントです。

内側のサッシの色

建物の内側のサッシは、室内のインテリアになじむ色を選ぶと良いでしょう。
壁や天井を白に統一している場合、サッシも白を選びます。
一方で木の温もりを感じさせる部屋には、木目のサッシがおすすめです。

迷った時はシルバーがおすすめ

サッシの色には白や黒、木目などがありますが、多くても5種類ほどです。
そのため、外壁に合った色が見つからないこともあるでしょう。

そんな時は、シルバーがおすすめです。
シルバーのサッシのメリットは、どんな色にも合わせやすいところです。
外壁に原色を用いたり、白と黒のいずれにもマッチしない場合は、シルバーを検討してみてくださいね。

まとめ

サッシの色を選ぶ際は、建物の内側と外側で検討する必要があります。
周囲とマッチする色を選ぶのが基本ですが、シルバーがどんな色とも合いやすいと覚えておくと選びやすいのではないでしょうか。
当事務所では、一級建築士が理想の家作りのお手伝いをいたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

TOP