シンボルツリーにおすすめの樹種とは?

新井アトリエ一級建築士事務所

090-1839-8213

〒225-0013 神奈川県横浜市青葉区荏田町1150-7
(東急田園都市線 江田駅下車 徒歩10分)

営業時間 09:00~18:00 定休日 不定休

シンボルツリーにおすすめの樹種とは?

コラム

2022/07/20 シンボルツリーにおすすめの樹種とは?

家を建てるにあたって、シンボルツリーを作りたいと考える方も多いのではないでしょうか。
シンボルツリーには、適した樹種があります。
そこで、今回はシンボルツリーにおすすめの樹種を見ていきましょう。

シンボルツリーにおすすめの樹種

落葉樹

落葉樹は春に新しい葉をつけ、秋になると葉を落とす樹木です。
落葉樹がシンボルツリーにおすすめなのは、四季の移り変わりに伴って見た目を変えてくれるからです。
春には花を咲かせ、秋は葉が紅葉し、冬にはすべての葉が落ちてしまいます。

落ち葉の掃除が大変という面はあるものの、四季を通じて姿を変えるところは、住宅のシンボルとしての役割を果たすのに最適です。
具体的な樹種としては、日本の春を代表するサクラが挙げられます。
また、愛らしい花を咲かせるハナミズキも人気です。

常緑樹

常緑樹は一年中緑の葉をつけている樹木のことで、落ち葉の手入れがいらないのが特徴です。
一年を通して枝には緑の葉がついているため、シンボルツリーにすることによって通りからの目線を遮る役割を果たしてくれます。
常緑樹をシンボルツリーに使う際におすすめの樹種は、木の形が美しいオリーブです。

くすんだ緑色の葉がつきますが、密集度はそれほど高くありません。
そのため、葉の合間から適度に日差しが差し込み、涼しげに見せてくれます。
「存在感のある立派なシンボルツリーがほしい」という方には、ユーカリがいいでしょう。
ユーカリは非常に高く伸び、大きく成長しますので、広めのスペースを確保できるお宅にぴったりです。

実をつけることが少ない常緑樹の中では、香りの良い実をつけるレモンも人気です。
高さのある常緑樹の中でレモンの木は2メートルから3メートルほどと比較的低いため、初めてシンボルツリーを植える方にも適しています。
色鮮やかな黄色い果実と良い香りを楽しめることから、シンボルツリーに選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

シンボルツリーにおすすめの樹種として、落葉樹と常緑樹の両方からいくつかをご紹介しました。
木のそれぞれに特徴がありますので、何を重視するかで選ぶといいですね。
当事務所では、一級建築士が住宅のデザインを承っております。
外構のデザインのご要望につきましても、お気軽にご相談ください。

TOP